YouTubeは難しいと実感その理由とは

動画も撮り始めたし、YouTubeにアップして収益化!という目標で進めていこうと仲間内で話しています。

相変わらず年のせいなのか壁は高いと実感するキャマダインです。

動画撮ってみた時のお話ホタルの撮影に素人ながら挑戦

 

撮影

動画を撮ることはすごい楽しいことです。

青春を思い出すっていうかやることが新鮮で楽しい。

20年くらい前にビデオカメラを用意しようとすると10万円以上はかかったと思います。

編集用のパソコンも20万円で一般的なモデルだったんで30万円はいったのかもしれません。

2020年、物価は下がり、手にいれやすくなりました。

ビデオカメラは新品メーカー品で3万円しませんでした。

PCなんて中古でよければ2万円で手に入ることもあります。

2万円でパソコン買いました

なにかを始めやすい時代になりました。

 

動画編集してみて

いろいろと撮影してみて『素材』というかんじに撮り溜めました。

頭に動画のイメージができてから編集を開始します。

するとどうでしょう。

まったく素材が思い通りにカットできない状況になっていました。

原因は『間』

編集するには『間』が大事で、編集技術の無い自分にとっては『間』が無いとどこを切っていいかわからなくなります。

自分で編集したりするYouTuberの方々は、撮影しながら編集のことも考えてると聞いたことがあります。

 

 

編集担当

『仲間内』といっても中心メンバーは二人です。

そして動画の編集ができるほどPCのスペックが高いのはウチだけです。

なので編集しています。

しかし私には圧倒的にセンスがありません。

当ブログをみてもらえるとわかると思います。

40歳を越えてからの奇跡的な成長に期待するか、台本的なあらすじを用意して撮影するか。

今のところ奇跡的な成長に期待しています。

 

 

機材

オジサン達が楽しく動画撮っていると聞くと、しっかりとした機材準備してると勘違いするかもしれませんが、ここは秋田県です。生きていくギリギリの賃金です。

東京都の生活保護よりも少ない賃金です。大阪府の生活保護よりもちょっと多いかも。だけど保険とか税金で差し引かれる金額を考慮すると大阪府の生活保護の方が多いという現状です。

カメラは6年前に買った物、三脚はAmazonでさっき買いました。

パソコンは2万円2万円でパソコン買いました

動画編集ソフトは無料の物をYouTubeで稼げない動画編集ソフト

残念ながら最近のアップデートでダビンチリソルブ16はしょっちゅうクラッシュします。おすすめ度は低下中です。

 

PCモニターは40インチなんで、編集はしやすい環境です。PCモニターを40インチに!格安でできます!

40インチなんで字が大きくて見やすい程度です。

収益

当ブログにはGoogleさんから広告だしてもらってます。たぶん。

Amazonアソシエイトだっけかもやってて、たまに商品説明みたいにリンク貼っています。

 

「それだけじゃ物足りなくてYouTubeで収益化目指すのかよ!この金の亡者め!!」

 

なんて思う方もいるかもしれません。

なので現状の収益情報を発表します。

 

・Amazonアソシエイト一年間の収益

300円ほど

 

・当ブログの月の収益

-500円

 

ブログで赤字になる理由はレンタルサーバー代。

つまり赤字です。

広告はみてもらったりクリックで収益につながります。数円から数十円ほど。

Amazonはリンク先で購入してもらって初めて収益につながります。

いいんです。

目標をもって楽しむことに意味をかんじるんで。

もしブログをやっていなかったら、ゲーム好きの暇さえあればパチンコしかないパソコンも触れないオジサンだったかもしれません。

 

NEXT三脚を活かして机の上を撮影する方法

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる