中華ゲーム機買ってバラして直してみた

忘れたころに届く中国の通販。

中華ゲーム機買ってみました。

今日は需要はないであろう中華ゲーム機のレビューとなりますキャマダインです。

 

 

PXP3 slim station

なんとなく買ってみました。確か1700円くらいだったと思います中国の通販で。

もちろん梱包なんて、あってないようなものなんで、箱はボッコボコです。

気にしたら負けです。

 

なんかソフトがいっぱい入ってるみたいなんで楽しみです。

パチモンのゲームで笑顔になれたらいいな。

 

開封

内容物はこんな感じ

テープとかでとめてるわけではないので、新品か中古かわかりませんが、画面はズタズタです。

よく見たらフィルムなんで許します。

 

ちょっとあせったのが充電器

海外仕様です。USB充電だと思い込んでいてしまったんで、かなり焦りました。

が、よくみたらUSB-MINIだっけかと同じっぽいので、試したら充電できました。

PS3のコントローラのあれと同じです。スリムなPS3にCFW4.85導入

LEDが消えるまで充電しておきました。

 

ゲームがいっぱい?

なんとゲームが999888入ってるみたいです。

実際はループで、40くらいでした。いいんです。

そして、中華クオリティのゲームを期待したんですが『SEGA』のロゴがでるゲームはメガドライブのゲームみたいです。

あとはクソみたいなホッコリパチモンゲームだったり。

『ネタ』にはなります。

 

おまけでついてきたカセット

これまた一つのカセットに999666ものゲームが入ってるみたいですが、ループで40ほどです。

もしかしてこれ、中にSDカードとか入っていて、ゲームのデータ入ってるんじゃないか?なんて思って、カセット開けてみました。

はい。わけのわからない基盤だけでした。

手で簡単に開けれるのも、中華クオリティです。

 

遊んでいて気付いた違和感

なあんかボタン四つあるうちの二つの効きが悪い気がします。LRのボタンっぽいのはデザインです。

 

「ばらしちゃおう」

 

裏蓋を外すとドライバー1本で済みそうでした。

 

変なシールのとこに隠しネジがあるくらいです。

 

バラしてビックリ

シンプルです。まぁ裏に基盤がうっすら見えてますが。

 

中のネジも外して、液晶も外してみました。

 

ボタンの効きが悪そうな右側のとこをきれいに拭いて、また組み立てたらボタンの効きは直りました。

 

気になったゲームを紹介

あのプレステの名作『鉄拳3 SPECIAL』が入っていました。

 

ゲームを始めると

キャラ選択画面に。

これ『鉄拳3』じゃなくて『鉄拳』じゃないかな?KAZUYAいるし。

 

これがゲーム画面

 

3Dっぽい2Dのゲームでした。

しかもパンチとキックしかないのかな?全然わかりませんが気づいたら負けていました。

 

これを見たせいで、このゲーム機はプレステのゲームも入ってるんだと思ってしまいました。

そもそも日本では『鉄拳3 SPECIAL』なんて発売されたっけ?

 

 

総括

人に勧めれるかどうかといえば、間違いなく勧めれない部類の商品です。

あの形状のUSBケーブルを今手に入れるのは少し難しいので、充電問題が出てきます。

 

それと、ボタンの効きが悪いなど、ちょっとトラブルも多いかも。

 

それと、ゲームのデータを吸い出すことはできないので、エミュレータ目的の人は用無しです。

USBケーブルでパソコンと繋いでみても充電しかできませんでした。

 

個人的には名作『獣王記』が入っていたんで、それだけでも1700円の価値はあるなと。

まぁおすすめはしません。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる