撮影ブースは黒い方がいい

撮影ブースの背景はけっこういろんな種類あって悩みます。

悩みますが、最終的に2種類に絞られると思います。

一番物をよく見せる色です。

しかし安い撮影ブースはなぜか白ばかり。

私も使用している安い撮影ブースを黒にしたいので頑張ります。

※フィギアとかの撮影ブースは『撮影ボックス』と呼ぶこともあります。

 

私の使用しているもの

40cm×40cm×40cmのちょっと大きめの物を使用しています。

白でもそんなに問題ないんですが、写真を撮った時になんか暗くなってしまいます。

なんか暗い

黒い背景の時はそんなに感じませんでした。

撮影ボックスに黒い背景用の布がついてきていたんですが、範囲が狭くて使いきれずに白を使っていました。

できれば背景は黒にしたい、そんな思いで今回はまた無駄な出費を重ねてDIYします。

 

作業開始

撮影背景用の布を買いました。

普通の布でもいい気もします。

高くついたと思っています。

撮影ボックスをばらして

布を合わせて裁断していきます。

かなり大きい布を買ってしまったんで、一回は余裕で失敗しても大丈夫な量あります。

なので勢いよくやりました。

布を留めるのはDAISOのフックで

布に切り込みをいれてDAISOのフックをかけます

なんとなく進めてあとで形整えます。

 

余った布で回転テーブルも黒にします。

形整えてあまった布も、再利用していきます。

この白い回転テーブルも

あという間に黒い回転テーブルに

完成度は一言でいえば『雑』

アイロンもかけれる布のようなのでシワは気にしませんが、きっとアイロンかけることはないでしょう。

雑にいきます。

 

一時間ほどで

思っていた通りにはなりました

黒い背景だと落ち着いた色に感じます。

撮影ボックスが安い樹脂のようなプラスチックで、ゆがんでしまっていたので突っ張り棒で補強

トータル1600円ほどかかっています。

けっこうかかってしまったと思いますが、背景を黒にしたい欲求がずっとあったのでスッキリしました。

構想3か月、製作1時間ほどです。

背景が白だと、カメラが逆光補正だとかで勝手に薄暗くしちゃったりして本来の色味じゃなかったりしていました。

写真を修整すれば済む話なんですが、動画も同様に薄暗くなってしまいます。

私の持っているポンコツパソコンじゃ処理能力不足でかっくかくになってしまうので、動画は修正はなるべくしたくないんです。

今回実行できてよかったと思います。

きっと次の動画編集は悩まないはずです。

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる