40代の再就職活動

私は今の会社を辞めてもいいと判断しました。

今回は私が体験した『40代の再就職活動』です。

 

辞めてもいいという判断

転職するときの理由なんて様々です。

・給料

・パワハラ

・通勤距離

簡単にあげただけですがもっと様々です。

私の場合は『給料』のひとこと。

安い!安すぎる!

そのぶん手を抜きまくっています今年から。

安くてモチベーション上がりません。

そんな時、同業の友人から連絡があり

「一緒に働かないか?」

話を聞いてから判断してもいいと思い、友人の会社に行きました。

 

現場の方たちとの話し合い

友人の会社は200人規模です。そこでちょい役をやっているそうです。

現場は、とにかく人手不足で即戦力が欲しいと。

現場の方たちとも話し合いをしました。

確かに私なら一人二役の仕事ができる職種です。

プログラマーとエンジニア、友人の求めている人材はまさにそれでした。

図面を渡せばポンと作れる、今そういう人材かなり少ないそうです。

あとは給料で折り合いがつけば転職してもいいと思いました。

この時の私の立場は選ぶ側です。

来てくれ来てくれ頼まれて悪い気はしませんでした。

 

後日、急遽上役との面接

『裏口入社』っていうんですか?ハローワークを通さず、上役の目にも止まらないように勝手に給料を設定して入社させちゃおうとしてたみたいです。友人が。

私の意見はまったく聞かずに。まぁいいんですが。

しかし上役にバレてしまい、急遽面接を行うこととなりました。

そこで給料を正式に判断するという会社側の意向。

しぶしぶちょっとビシッとした格好で友人の会社に行きました。

一通りの話を終え給料の話になった時、突然こう言われました

「履歴書送ってくれれば給料試算します」

話が違うじゃないですか。だいぶ頭にきました。

この時の私の立場は選ばれる側になっていました。

給料の話を聞きにきて、履歴書送れば教えるって最初に言えよと。

私は行ってあげてもいいんだぜ?というつもりだったんで、向こうとの温度差をかなり感じました。

 

履歴書送りました

かなりめんどくさいんですが履歴書送りました。

友人も最初から言えよと文句をつけてくれました。

後日来た返事が

「ハローワーク通してくれ」

 

 

ふざけるな!!!

最初から言えよ効率悪いな!

ここまでだいたい一か月ほど経過しています。

もうどうでもいいやと、ハローワークには行きませんでした。

二転三転する話の内容に、あの会社は大丈夫か?なんて思って、もう眼中にありませんでした。

 

突然の電話

ある時、友人の会社の人から突然電話が掛かってきました。

どうやらハローワークを通さないと言えない事情があったらしい。

今回の電話で、給料はこれくらい、興味があったらハローワーク通して会社来てと。

その時詳しく給料の話を教えますと。

今回提示された金額は、私の現在の会社の総支給額基本給となり、それに手当が上乗せされていくと。

つまり夜勤も残業もしなくても今の給料がくると。

最高じゃないですか

私はさっそくハローワークに向かい、面接の手続きをしました。

ハローワーク、マジでめんどくさいシステムになってて嫌になりそうでした。

ダーマ神殿なんて呼んでいた時代が懐かしい。

面接の日にちも決まり、あとはどれくらい給料提示してくれるかだけです。

ちょっとワクワクしてきました。

 

話が違うじゃないですか

面接に行き、今回は一番偉い人たちと面接になりました。

今の会社をなぜ辞めたいのか、キャリアを捨ててもいいのか、等々いろいろ言われましたが、キャリアは職種であって勤続年数ではない、会社を辞めたい理由は給料の低さとガッツリ言ってやりました。

しかし、なかなか給料の話にならない。

思い切って給料の話を切り出しました。

「どれくらい給料出せますか?」

「あなたの実力次第」

「それじゃ困ります。最低はいくらですか?」

「この前、部下から電話があったと思います。電話で話した金額がこみこみ総支給くらいです」

また話が違います。

この前は基本給と話していたのに、今回は総支給と言い出しました。

ダメだこの会社。上が終わってる。

現場が悲鳴を上げるくらい人材を欲しがっているのに強気に選ぶ側気質

図面渡してできるかできないかどう加工するかの話し合いをすればもう少しわかると思うんだけど3対1の面接。強くいってもしょうがない。

現場上がりではなさそうな上役達。

もう会うこともない人たちの印象を悪くしないようサラッとながし、帰宅しました。

来週合格通知を送るそうですが、もうけっこうです。

40代にもなると話が二転三転する会社は不安でしょうがないし、面接で話をききながら自分の思ったことが言えるようになっていました。

毒を吐かないように穏便に済ませたつもりです。

今回の会社はナシでした。

家族がいるので慎重に行動しているつもりです。

かなり振り回されて疲れました。

最近の求人は年齢制限がないので、ガンガン行けそうですが、好きなように時間が作れる今の会社もありっちゃありだなと再認識してしまいました。

ここまでで2か月ほど時が過ぎました。

けっして無駄な時間じゃなかったと思います。

結局転職していませんが、今の会社のいいところの再認識、薄給だからこそできる責任感の低さ、よその会社の上の腐りっぷりなど、かなり勉強になりました。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる