低スペックでも動く動画編集ソフト『openshot VideoEditor』を試してみる

ある日こんな相談をうけます

「動画編集を覚えたい」

その気持ちが消える前になんとかしますキャマダインです。

 

動画編集

私がYouTubeにアップするために編集していたのを見て,やってみたいと思ったようです。

ですが動画編集ソフトがサクサク動くパソコンを持っていない、所持しているパソコンもテーブルの上に置いてある『ランチョンマット』のようになっています。

それならば私の使用していないPCを譲ってあげようかなと。

編集できる人が増えることはとても重要です。

動画の更新頻度が上がります。

※現在YouTubeチャンネルは一ヶ月に一回くらいの更新です。それにもうひとつのチャンネルの編集も加われば地獄、それにブログの更新もあります。普通に正規の社員としてまったく関係ない職種で働いています。

 

譲ろうと思うPC

現在は封印されているパソコンです。

メモリも2Gになっていますが16Gにしてあげましょう。SSDは余っていないのでHDDで我慢させて、スピードアップしたかったらお金払って買ってねってスタイルで行きます。

※4Gでじゅうぶんらしいです。

 

今使っているノートPCに間違った規格のメモリを取り付けていた物です。フリマで売ろうと思っていましたが、それよりも動画編集できる人を増やしたほうが私のためです。

パソコンの不調の原因判明!メモリの不調は静かにフリーズ

 

ノートパソコンをばらす

もう手慣れたものです。

ネジ外してカバー取ってケーブル外してマザーの裏にあるメモリスロットに8GメモリをIN!

組み立てて表側にもう一枚の8Gメモリを。

 

このパソコン、メモリを挿すとこが並んでたら楽なのにどうしてこんな作りなんだろうと疑問に思います。

キーボードの裏にメモリを挿すスロット、めんどくさいです。

おかげでばらす能力は上がりましたが。

今回の作業で、またネジが3本ほど余りました。

どこのネジでしょうか?

ノートパソコンのスペックは以下の通りになりました。

メモリを16Gまで増やしたこと以外は中古で¥15,000くらいで売っているスペックのPCです。

つまり¥20,000あれば同じようなのパソコンが持てるってことです。

しばらく起動していなかったのでたっぷりWindowsの更新がありました。

きちんと更新してから動画編集ソフトをいれます。

 

OpenShot VideoEditor

今回試す動画編集ソフトは

『openshot VideoEditor』

低スペックでも動くらしいし、無料、試すにはちょうどいいかなって。

2021年2月23日のこと

私はここでダウンロードしました

https://www.openshot.org/ja/download/

なにかトラブルがあったら追記します。

いちおうですがセキュリティソフトでもチェックしました。

役に立っているかどうかはまったくわかりません。

 

さっそくインストールしてみました。

 

インストールでつまづく方がおられましたら動画編集はあきらめてください。

 

起動してみてた率直な感想は

『ダヴィンチリゾルブ16』より簡単!

なのかもしれません。

けっこう直感的にわかります。このパソコンスペックでも何の問題もありません。

ただ、タイムラインをもうちょっと小さくして全体像が見渡せてテキスト入れやすかったら乗り換えてもいいかなというのが私の感想です。

 

動画の書き出し

書き出して、変なアイコンみたいなぼかし入らないかチェックしたいと思います。

あのテレビで画面の隅に出てるテレビ局のマークみたいなのがでるかどうか。

FHDでまぁ普通にきれいな画質で動画にしてみます。

 

1時間半後

 

 

問題ありませんでした。

30分ほどの動画を作り、エフェクトをいろいろ付け足して。

それでも1時間半で書き出し、優秀です。

どれぐらいの画質で書き出すか選べるので、かなりいいかもしれません。

4k2k選び放題。

メモリも4Gあればいいそうです。

低スペックでも動くようなので動画編集に興味があるけどスペックが低い、そうお困りの方におすすめです。

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる