【旧キット1/100 ガンダム】ガンプラに絵の具塗装、完成レビューというかゴミと化す!!

従兄弟にガンプラを作らせてあげてました。

【ガンダムを見ないで塗装させてあげる】というこの企画。

涙の完結となりましたキャマダインです。

前回はこちら↓

【旧キット】1/100 リアルタイプガンダムをアクリル絵の具で塗装してみたら

もうずいぶん時間が経っていたようです。時が過ぎるのは早い

 

【見ないで塗装】

「見ないで塗装して」そうお願いしました。

そしたら

だいぶ個性的なカラーリングになっていました。

どこかで見たことがあるような・・・

たぶん勘違いしているな・・・

あとは『顔』だけなんですけど、細かくて難しくて集中力が切れたそうです。

 

仕上げて完成 

いろいろと惜しいけど、細かい色分けができなくて集中力がきれて途中で飽きてしまったようです。

顔のへの字のとこでかなり苦戦してたしな。

これはこれで個性的でいい、ガンプラは自由だと思います。

HGUCガンダムと比較

圧倒的にプロポーションに差があります。

塗り忘れましたが、武器も持たせてみましょう。

あ~なんかガンダムらしい。

味わい深いのが旧キットのいいところですね。

 

我慢の限界です

人がガンプラを作っているのを見ているとうずいてきます。

私ならこうする、ああする、たくさん意見が出てきます。心の中にしまっています。

完成したのだから自由に改造させてもらいます。

手始めにカラーリングを普通のガンダムにしようと思い、で塗り始めました。

『気をつけの姿勢』もなんとかしたいと太ももをバラしました。

1/100ガンダムの股関節は固定式です。

ミゾがあるのでまっすぐしか接着できませんが、デッパリを削れば少しは足を外側に向けることができます。

バキッメキッと音がしましたが、接着剤でがっちり固定していたので気にしません。

写真は白の重ね塗り3回目くらいです。

もちろんアクリル絵の具。けっこう塗りやすいし発色もいいし気に入りました。

乾燥させる時間が待ち遠しい。

 

ストーブで乾燥という失敗

重ね塗りするには、乾燥させないといけません。

待ってるのも数十分ですが飽きてくるので、ストーブの前に置いておきました。

 

5分後・・・

へにゃへにゃになっていました。

コアファイターももうはまりません。

 

やってしまいました。

改造プランまで立ててそれに向かっているときの事故。

いらないこと閃いたなってストーブを恨みました。

1メートルは離していたんですが、プラスチックはけっこう溶ける温度低いのかなと。

実はこういう事故2回目です。

まぁ、終わったこととして次に向かいます。

 

暖かくなったらこのプラモでジオラマでも作ってみようかな。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる