CPUの条件が緩和されたのでWindows11互換チェックツールを試してみる

Windows11にものすごく興味のある貧乏人です。

Windows11ではGoogleアプリが使えるって噂なので興味深々です。

この前の6月くらいの話ではCPUがけっこう新しくないといけないようだったので新品のPCを買えるように資金を集める方法をかんがえていました。

しかし8月の終わりころ、Windows11にアップグレードできる条件が緩和されたとのことでしたので、もしかしたらという小さな望みを託してWindows11互換チェックツールを実行してみますキャマダインです。

 

Microsoftは準備中

早速マイクロソフトのホームページに行きましたが、あいにく準備中。

なんでや!!

そのうち使えるようになるでしょう。

仕方ないので窓の杜で紹介されていた『ReadySunValley』を使ってチェックしてみます。

Microsoftストアでダウンロードできます。

使い方はそんなに悩むことはないと思われますので、説明は省きます。

 

我が家で一番パワーのあるデスクトップからチェックしてみます。

2万円でパソコン買いました

すると

4つほど引っかかっています。

 

ひとつひとつ丁寧に対策を考える

私のデスクトップの場合、今のところ4つで済みそうです。

・起動方式

・セキュアブート

・ディスクパーテイション

・TPM

起動方式 legacyってなんだ?セキュアブートディスクパーティションTPM?わからないことだらけです。

軽く調べたところ起動方式 legacyはなんとかなりそうです。Windows10をクリーンインストールすることになりそうですが・・・

セキュアブートは非対応。

ディスクパーテーションは調べる気も起きない・・・

TPMは存在せず・・・

涙がでます。

が、TPMは回避可能、その他もろもろなんとかなりそう。

抜け道みたいなもんですが。

いつかトラブルになりそうなのでお金貯めておこうと思います。

 

ノートパソコンは

私は3台ほどノートPCを所有しています。中古の。そのうち一台はCPUがクソなので最近起動すらしてません。

動作が遅いってPCでは罪です。ASUS X205TA-B Windows10にした時に起こった音が出ない不具合の対処法

上のPCを除き、残り2台で試してみます。

まず初代から

中古で14800円

思い出の一台です。メモリは16G、SSDに換装しています楽天で中古パソコンを買ってみました

思ってたよりもいけそうですね。いけませんが。

CPUの条件が軽くなったので何とかなりそうな気はします。

続いて液晶ケーブルのジャンクで購入して修理がなかなか大変だった重いノートPC

ジャンクで一万円

ノートパソコンの液晶ケーブル交換、初心者でも触れば覚えます

こいつもメモリ16Gになっています。

合格??

この互換チェックソフトはジョークソフトじゃないよね??

とりあえず喜んでおきます。

本家のチェックソフトが公開されたらまた試してみます。

できればデスクトップが対応していて欲しかったなぁ

 

続きWindows11にアップグレードしようと思ったらMacBookを考え始めました

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる