Windows11にアップグレードしようと思ったらMacBookを考え始めました

やっとPCに向き合う時間が作れたのでWindows11にでもアップグレードそしてみようかなと思いました。

休日のパソコンいじりは時間を忘れて楽しめます。

今日は子供の宿題が山盛りで、その場から離れられない状況(監視役)なのでちょうどいいと考えるキャマダインです。

前回はこちらCPUの条件が緩和されたのでWindows11互換チェックツールを試してみる

 

対応していません

Windowsアップデートに見慣れない文字がありました。

ここまでデカデカと要件を満たしていないとあると邪魔なので、要件を満たしてしまおうと考えました。

前回なんとかなる項目がダメだったんで、ちょっと時間あればなんとかなりそうでした。

Windowsのクリーンインストールする方法でなんとかなるはずでした。

 

公式のチェックツールが配信されていたのでチェックしてみます。

たしかこの前はTPMとかだったかな?

そう思ってチェックツールでチェックしてみると

あれ?プロセッサが引っ掛かってる?

それ以外はいいみたい。

CPUが引っ掛かってしまったらどうしようもありません。

どうやら2世代古くてダメみたい。

 

ReadySunValley』

前回はマイクロソフト純正の更新チェックツールが配信停止中だったためReadySunValleyでチェックするしかありませんでした。

どうやらマイクロソフトはプロセッサの世代で制限をつけたようです。

体験版Windows11ではプロセッサのコアのコア数とかで制限をきつくしたり緩くしたりしていたようですが、製品版ではプロセッサの世代で制限をつけたようです。

スペックの低いPCで最新OSはさすがにきついのはわかります。

ストレス貯めるより最新PCを購入したほうがいいと思います。

私の理想とするスペックは、動画編集もするのでざっと30万オーバーのノートPCになりそうです。

ですが、それはWindowsの場合で、MACにすれば15万ほどで済みそうです。

バッテリー持ちもそうとう凄いらしいですM1チップ。

基本の操作方法が多少変わるだけで、アプリ自体は操作同じなんで問題なし。

ん~Windowsにこだわる必要は一切ないんですが、慣れ親しんだWindowsとさよならするのはちょっと寂しいかな。

macにしたらiPhone欲しくなりそうだし、悩みどころです。

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる