PCのキーボード台に不満点爆発!!技術が上がってます

年末はいろいろといそがしくなります。我が家も例外ではありません。

年賀状を作ろうとしたとき、不満が爆発しましたキャマダインです。

前回はこちらPCのキーボード、台は自作で自由自在に

 

”サイズを測る”ということ

まずは下の画像をごらんください。

PCで作業するにあたり、マウスとキーボードの位置関係が微妙じゃありませんか?

我慢しようと思ったんですが、作業しにくくてダメでした。

横にマウスを置くため、板を延長するか、上の板を大きいのに変更するか、決断するときがきました。

板を延長するには技術がありません。板は前回のコレクション棚の余りを使えばタダです。もちろんタダですむようにがんばります。コレクション棚作りました。とっても大きいです

 

作業に取り掛かります

バラバラにして、新しい板と交換します。

ちょうどいい材料が余っていたので、ノコギリの出番もなさそうです。

上が今までの板で、下が交換する板です。

イイ感じに横にながくなりそうです。

横にながくなるんで、中間の棒も少し延長するため、ワッシャーをかませて延長しました。ナットで固定しています。これを両サイドやります。

わずかな延長ですが、きっと効果あると信じています。やらなくてもよかったかなっても思っています。

下の部分の延長がすんだので、今度は上の板をとりつけます。

うまく固定できそうもないバランスです。

この部品を仮組して、逆さまにしてネジで固定します。

ちょっと奥行足りない気もしますが、横の長さが足りないよりは全然いいです。

ざっくり位置合わせたら、電ドリでドリドリと

これで形になりました。

 

軽く仕上げて完成

無垢の木なので、ささくれや木ならではの手触りがあります。

このままではいろいろ手に刺さりそうなので、紙やすりで全体をこすります。

使い古しでもいいから、こすったほうがすごくいい感じになります。ニスを塗るのもいいかもしれませんが、サラサラ感がほしいので紙やすりです。ニスなんて家にありませんし。

全体をこすりおわったら、濡れた布かティッシュできれいに拭きます。

これで完成です。作業時間にして40分でした。

思ったより時間かからなくてビックリです。

 

載せてみます

すごくいい。

キーボードはこれくらい余裕があったほうが好みです。

そしてこの台にはパイプの穴がそのままあります。

これは拡張性を重視して隠れないようにしておきます。

必要になったら、このキーボードの台が2段になるときがくるかもしれません。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる