観葉植物を水槽で育てる『ガジュマル』リベンジ

前回、枯らしてしまった観葉植物がけっこうショックな結末を迎えてしまってへこんでたんですけど立ち上がりますキャマダインです。

 

前回↓切断したガジュマルを観察しています

 

本日は35度オーバーでした

ものすごく日差しが強く皮膚が痛い、そんな感覚に襲われましたが植物の作業は基本的に外で行います。

完全に枯れ果ててしまったガジュマル・・・

茎は腐ってます。

葉っぱはもう生気を感じません。

失敗です。心苦しいです。

 

二代目も百均です

へこんでいても進まないので、二代目を買いに行きました。

ホームセンター行ったら、置き場所に困るくらい立派すぎてあきらめました。

やはり前回と同じダイソーで¥300で。

まず土を落とす作業から始めます。

だいぶ立派です。

土だけ落とすつもりですが、根っこも多少ちぎれてしまいます。

そこらへんはあきらめます。

炎天下での作業です。

頭は働きませんが写真映りはいいです。

 

なんか根っこが難しいカンジに生えてます。

前回の加工した小瓶使えるか怪しくなってきました。

水槽で育ててた観葉植物が根腐れ病に

 

大きくて前回のは使えませんでした

なんか大きい気がしてたんですけど、フィーリングを大事にしてるんで、結局また近所の百均に走ることになります。

前回より大きめの小瓶を購入してきました。

プラスチック製なので加工は楽勝です。

前回のは根っこが一本はみ出ます。

それと、おしゃれアイテムとしてビー玉を追加で購入してきました。

 

窓際に置いても様になります

加工で小瓶が歪んでしまってますが、オシャレアイテムとしても十分な出来です。

こういうのを食卓のセンターに置きたいんですが、我が家では醤油さしがセンターです。

 

前回とは考え方が違います

今回の二代目は、水槽に直接根っこは入れないつもりです。

前回の。ちょっと水面に根っこがついてる

水槽のエアーレーション、わかりやすく言えばブクブクが水面で弾けるときに飛び散る水滴が多少根っこに当たるかもくらいの水分量にしようと思ってます。

水が多いと生命力が弱くなっちゃうような、人間と一緒で甘やかすとダメ人間になるみたいな・・・人に伝えるのは苦手です。

ビー玉は水分確保できる面積を多くとるためです。

表面張力っていうんですか?そんなかんじです。

 

水槽にセットします

セットするといっても置くだけです。

デカいです。

ですが、思った通りのものができました。

 

過去の失敗は財産だ

『失敗は成功のもと』というように、一度失敗してるので、けっこう育てる自信があります。

前回と同じようなことにはならないはずです。

人はこうやって成長するんだって、娘たちに見せてやります。

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる