古いフィギアの黄ばみとり3完結

この日は祝日でした。

私は夜勤なので、子どもたちは婆さんに任せて寝てました。

夕方目を覚ますと雨が降っているようでした。

「やべっ!置きっぱなしだ」

冷静を装い、夕食という名の朝食をとり、いってきますと車庫に向かい、やっとフィギア回収。

こんばんはキャマダインです。

雨でワイドハイター増量してました。

なのでここらでキレイにしてみようと思います。

前回はこちら

古いフィギアの黄ばみとりその2

 

なにごとも水洗い大事

まず、前回のドラグナーと同じように汚いとこで水洗い。

お湯ですけどね。

そういえばワイドハイターは素手厳禁だったっけ?もう遅いからいっか。

何度も何度もすすぐ。

泡立たなくなるまで何度も。

 

今回は違和感だらけです

途中、ネオファムがバラバラになり始めました。

あんなに間接ギッチギチで動かすこともできなかったのにポロポロバラバラになり始めました。

そんな事よりすすぎます。

バラバラになったおかげでしっかりすすげた気がします。

 

気になったのは部品を切り取っていないランナー。

なんか部品もげてるし、一部折れています。

これもワイドハイターか?

いずれバラバラにして武器持たせて飾るんで問題なし

問題はないけど『ドラグナー』やった時と違いすぎて、違和感バリバリです。

おもちゃの黄ばみとり総まとめ(魂SPECドラグナー)

 

そんな事よりネオファム

組み立てたんですが、隙間から水が垂れてきます。においはワイドハイターです。

前回のドラグナーの時は外装ちゃんとバラせるフィギアだったんで外装だけ漬け込んだんでなんともなかったけど、今回のバラせないネオファムはちょっと乾かす時間がかかりそうです。

 

完成です。しかし・・・

それでは完成した美白になったネオファムを見ていきましょう。

クリーム色になりました。

今までのどぎついオレンジか茶色かわかんない変な色よりは全然マシです。

ただ、やっぱり最初に思っていた30年以上前のプラ(樹脂?)にはちょっとワイドハイターはダメージが大きかったのか不思議な亀裂が入りました。

ネオファムさんが指差してるポリキャップみたいなパーツです。

それと、すねの白いラインは消えました。

そのほか、全体的関節がゆるくなり、動かすことができるようになりました。

股関節はボールジョイントのような機構だったんですね。

当時のプラモデルより進んでいます。これが2000円だったんだからいい時代だったんだな。

前の比較画像に、今のを追加してみました。

光の当たり方もあると思いますが十分違いが表れてます。

 

フィギアは飾ってなんぼです

さっそく家で飾ろうと、武器をランナーから切り離して組み立ててたら

割れました。感覚的にはポロって

先っぽナシでいいから、次は羽をつけてたら

なんか背中のパーツがパキ

いろいろ壊れてしまいましたがなんとか飾れました。

う~んかっこいい・・・かな?

最新の主役のほうがかっこいいかも

ポーズに違いがありますが、ネオファムはあれ以上ポージングできません。可動の限界です。

それ以上にうしろのドラグナーかっこいいな

たまにメルカリで出てきますが黄ばんでるみたいです。やっぱり白くないとな!!

 

今回、ネオファムをワイドハイターに漬けましたがおすすめはできません。

プラスチックの劣化が著しく、破損につながります。

このレベルの年代物は、レトロ玩具として大事にしたほうがいいと実感しました。

それと、

思い出はうつくしいままに

そのほかの黄ばみ取り↓

おもちゃの黄ばみとる2

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる