ヤスリがけした上にトップコート吹いてみた

フィギア

前回、アンテナポキっと折れてしまいましたが、接着剤でかるく接着し、その後流し込み接着剤を流し込んで完全に固定できました。

紙やすりの800番でヤスリ掛けしたつもりでしたが、600番でした。

暑さでだいぶ頭がおかしくなっていますが、やり遂げますキャマダインです。

前回はこちら

 

洗浄

今回は、ヤスリ掛けもしたので洗浄してみました。

あと表面のツルツルした油膜みたいなのを除去するとトップコートのノリがいいって聞いたんで、台所にあったオレンジの匂いのする『キュキュッと』で洗ってみました。

水槽を洗うつもりで購入していたメラミンスポンジを使ってみます。

 

ジャバジャバと

 

なんだかキュキュっとした手触りになりました。

CM通りですね。

粉っぽさも消えました。

 

墨入れ、デカール貼り

気づいたことですが、このデカール貼りと墨入れの作業は苦手です。

今回かった『ガンキャノン』は白いラインとかいっぱいあって地獄でした。

まっすぐ貼れないし、小さい。

今回は爪楊枝で貼ってから綿棒で圧着させました。

『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』のプラモデルが人気の理由は、デカールも多くて安くてかっこいいからなんだろうなぁと実感しました。

うまく貼れれば確実にかっこいいと思います。

 

つや消しトップコート

車庫でスプレー吹きました。

車もないし、2時間くらいで完全に乾くので。

段ボール敷いたくらいで。

もちろん裏と表を。

ウェザリングしない人ならサラっとつや消しスプレー吹くだけでいいと思います。

汚し塗装する場合は、しっかりガッツリ吹かないと、汚し塗装が乗りません。

今まで使っていたトップコートが空になったので、次回からは100円ほど高いプレミアムを買ってみます。

先輩が、すごくいいって力説してくるもんで。何がいいかは頭に入りませんでした。

 

ヤスリの跡は消えませんでした。

600番でこの程度なら、1000番ならだいぶいいと思います。

 

だいたいヤスリの裏に書いています。

 

ウェザリング

汚し塗装です。

ガンダムマーカーでやります。これしか持ってません。

トップコートを吹かないと拭きとった時にすべて取れてしまうのでご注意を。

 

左から順に『素』、『塗り』、『拭き』です。

ふき取りはティッシュか綿棒で。

もちろんザックリと。

コツは、角より面をきれいにふき取るそうです。

前よりはうまくいった気がします。

 

完成

ウェザリングの効果が薄いですね。

素組みよりはかっこよくなったと思います。

デカールは情報量アップにものすごい効果的です。

ちょっとライト当ててみます。

ウェザリングもっとやったほうよかったかな?

ガンダムマーカーではなく『タミヤ』のウェザリングマスターにも手をだしてみようかな?

 

肝心のヤスリ掛けした腕の部分ですが

つや消しとウェザリングで目立たなくなりました。

アンテナも折れたとは思えないほどうまく修正できています。

 

新型と旧型を並べてみます。

赤いほうが新型です。情報量の多い旧型のほうがかっこいいですね。

最初は気に入らなかったガンプラも、手を加えるたびに愛着が沸いて、今ではお気に入りです。

 

簡易スタンドも付いてきて飾りやすいキットです。

 

やっとアニメで観ました

観たことないアニメのロボットの箱絵に一目ぼれして買ったガンプラだったので、アニメの視聴を開始していました。

『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』です。

全部で1~6まであり、5で出てきました。

かなりかっこよかったんですが、登場から5分ほどで全滅しました。

『機動戦士ガンダム』を観たことがある人なら、見て損はないと思います。

※IVとVIを間違えないように注意してください。