【レビゲルフ】ちょっとマニアックだけど2022年再販予定のプラモデル

このまえ作製したファルゲン、デキはいまいちでしたがなかなか有名どころでした。

魂specも出たしロボット魂も発売。

プラモデルのリメイクはありませんでしたが、ドラグナー関連では人気なんでしょう。

動画も私の弱小YouTubeチャンネル内だとなかなかの伸びでした。

それならば、ファルゲンの僚機ともいうべき『ゲルフ』をつくろうと思い立ったキャマダインです。

YouTubeはこちら

目次

コンパチキットのゲルフ

今回作成したゲルフはこちら

80年代のプラモデルですが、最新キットです。ゲルフの。このキットは”ゲルフ”、”ヤクトゲルフ””レビゲルフ”の三種類の中から一つを選んで作っていくコンパチキットです。もちろん接着するのであとで組み換えなんてできそうにありません。

ゲルフは近接、ヤクトゲルフは遠距離、レビゲルフは電子戦。ドラグナー3機と役割はいっしょです。

アニメの最初のほうは三機ともゲルフだったんですが、途中で役割分担していました。

どれつくろうかなって考えに考えました。

選んだのはレビゲルフ

ドラグナー3がいい活躍していたので電子戦が魅力的に見えたのでレビゲルフを組み立てます。

腕すぐできました。

なんか変わったアンテナのせいで触りにくい肩です。複雑な腕のわりに胴体はシンプル。なぜかセンターで分割されています。

腕つけてみると、なんかいいバランス。

足もなんか骨組みあります。ちょっと変わった作りです。こういう発見楽しいですね。技術の進歩の途中を見ているような気分になります。

奇跡のバランス

素組み完成したので隊長と並べます。

足が太い方が迫力が増しますね。ファルゲンの弱々しさとは違ってナイスバランスです。ライバルってわけではないと思うんですが、同じ役割のドラグナー3と並べます。

レビゲルフではなくてヤクトゲルフとか作ったほうよかったかな?ちょっとマニアックすぎるかな?

私ですら活躍が思い出せません。並べてもなんとも思えません。

レビゲルフは水色とグレー、そのほかはデカールなんですが、黄色のデカールなんて設計ミスじゃないかってくらい変です。

シワシワ。私が下手なのもありますが曲線に貼るのは難しいって。

このレビゲルフで動画を作ろうと思ったんですが、マイナー過ぎてやめておきます。私ですら詳しくない。

最終回では生き残ったんですけどね。

パイロットのプラクティーズが感じ悪すぎたのが原因だと思うんですがかっこいいデザインのわりに不人気です。

不人気ですが2022年再販するなんて、生きててよかったとおもう今日この頃です。

再販手に入れたらいろいろ関節仕込んだりして楽しみたいと思います。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる