Windows11のシステム要件みたしていませんって出るようになったのでなんとかする

私は数台パソコンを所持しています。

その中でも使用頻度が高いのがデスクトップ、動作が軽くて最高です。動画編集もデスクトップでやったほうがサクサク軽いのでやりやすいです。

私のノートパソコンはスペック的に動画編集には向いていないので最近触れていませんでした。

久しぶりに立ち上げると見慣れない文が・・・

どうやらスペック不足なのにWindows11にしたので、更新できないよってことみたい。

なんとかなるかなってやってみようと立ち上がるキャマダインです。

関連はこちら

目次

スペックの足りないパソコンをWindows11にするには

Windows11にするにはいろいろ条件がありました。

TPM2.0とかCPUとかセキュアブートとか。

私の持っているパソコンはCPUは全部ダメ、あとはTPMセキュアブートもダメと、ダメダメづくしでした。

ダメなパソコンはTPMのチェックを回避してクリーンインストールでWindows11にしました。

CPUだけダメなPCはクリーンインストールすればWindows11にできるそうなので実行してしばらく使い続けていました。

いろいろやって、我が家のPCはすべてスペック不足ですがWindows11として使用しています。

CPUだけダメだったPCにのみ表示させる文

本題に入ります

Windows11のアップデートがあったあと、画面右下に見慣れない文字が

システム要件満たしていないからアップデートできないそうです。

CPUだけダメでクリーンインストールしたPCがダメ。それ以外は何事もなくアップデート。古いPCだったらあきらめもつきますが、一番新しいパソコンだけがダメでした。

なんとかしたくていろいろ探しました。

回避方法はいろいろあるようです。

たぶん一番簡単

こちらの記事を参考にさせていただきました。

『RuFus』を使用してスペック不足で引っ掛かるとこを飛ばしてくれるインストールディスクを作ってくれるというざっくりした認識で使用してみました。

安いUSBメモリのリンク貼っておきます

『RuFus』を使用してインストールしてみると、すべてのデータがある状態でインストールできるのですごい楽でした。アップデートだけしてもらったみたいな感覚です。

もちろん文字は消えました。

完全クリーンインストールして、ダメなとこバイパスだかで飛ばしてインストールして必要なアプリをいろんなとこから集めなおしてパスワードとかIDとか打ち込む作業するより全然楽でした。

今回かかった時間

Windows11のISOファイルダウンロードするのに一時間半

インストールに二時間半

合わせて四時間、かなり長かったんですがやってよかったと思います。

USBメモリの準備が必要ですので、それさえあればすんなりできました。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次