動画編集ソフトのPowerDirectorを眠っていたPCでサクサクか試してみる

動画編集ソフトはかなりのPCスペックを要求されます。

無料の動画編集ソフトはマシンスペックでなんとかしている、そんな印象です。

では有料の動画編集ソフトはどうなんでしょう?

今回は『PowerDirector 365』を使ってみたいという先輩の要望に応えますキャマダインです。

 

こちらからの続きです【SDカードにも使える】AOMEI BackupperでSSDに

 

古いPCのスペック

今回試すPCのスペックはこちら

core i5の第三世代?で2013年製のノートパソコンです。

左側です。

楽天で2019年に中古パソコン15,000円で購入しました。

メモリのみ、4Gから16Gに変更しています。

NECの『versapro vk26m』だったかな?このPCだと無料のダビンチリゾルブはキッツキツでしたが、『open shot』は余裕でした。

ダビンチリゾルブのお話中古ノートPCのメモリを最大に

openshotのお話低スペックでも動く動画編集ソフト『openshot VideoEditor』を試してみる

ダウンロードは確かリンク先にあります

 

 

PowerDirector

今回試すPowerDirectorには種類があって、どれにすればいいかめんどくさいです。

調べるのもめんどくさいです。

しかし先輩のため、頑張ります。

PowerDirector 365について

月額や年払いスタイルの販売方法。モバイル版とPC版で値段が違うのでイヤな予感しかしない。

月500円ほどと書いているが、年払いした場合の月々で割った料金なので勘違いしやすい。

先輩はきっと勘違いしている。1か月だけだったら2000円。

買うんだったらパッケージ版買ったほうがいい

体験版あり

キャマダイン調べ

 

PowerDirector 19

パッケージ販売あり

内容は細かく削って完全版商法

専門用語だらけでわかりにくい商品説明

お金ある人は2万円ほどなので一番高いの買えば問題ないでしょう

キャマダイン調べ

こんなところでしょうか。買い切りの動画編集ソフトだと安めだと思います。

公式サイトはこちら

サイバーリンク

料金も書いていますし、無料体験版もダウンロードできます。

 

 

使ってみる

インストールも済ませて立ち上げてみると

GPUの最適化?でちょっと時間かかりました。勝手に最適化してくれるんで見てるだけでしたのでヒマでした。

そしてついに初めてのパワーディレクターのそうさ画面とご対面です

見た感じダビンチリゾルブと同じような感じがします。

openshotとも似ている。まぁタイムライン付きの動画編集ソフトなんでこうなりますよね。

さくっと触ってみて、たくさん動画ぶち込んで編集してみた感想を言いますと

悪くない

もしこれから動画編集を始めるんだったら、私はこれを使います。

もし、過去の私がこのパワーディレクターの存在を知っていたら、いろんなパソコンを買わずに済んだでしょう。

眠っていたPCでも問題なく動きます。オープンショット並みの軽さを感じました。

難点は文字を入れずらいかな?私はダビンチリゾルブに慣れてしまっているので、テキストの使い方がいまいちという感想です。

それと、タイムラインの動画の順番が、1が一番下に来てくれないと重ねていくんでわかりづらかったです。

なに言ってるかわからないかもしれませんが、私個人の感想です。

初めてがパワーディレクターでしたら何も気になることなく始めることができると思います。

が、

料金の問題で先輩には勧めないでおきます。

こうしてSSDを買ってまでサクサクにしたPCでしたが、また眠りにつくことになりそうです。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる