底面フィルターの機能停止、その原因とは

新入りが亡くなった次の日、残りのメンバーも瀕死の状態になっていました。

呼吸も荒く、エサなんて見向きもしないほど弱っています。

このまま見守るのはダメだと、前回の底面フィルターで使用していたポンプに取り替えることにしたキャマダインです。

 

前回白い点々と赤くにじんだ金魚、見覚えのある症状になっていました

 

気づいた異変

 

 

水が流れていません。

これで最大水量です。

つまり、ポンプの吸い込む力が弱くて底面フィルターの効果が発揮されていないのかも。

 

 

なんかヘドロみたいなのがこびりついているようなので、水槽の水質悪化の原因はポンプみたいです。

こないだまではジャンジャン水が流れてて、ヘドロなんて見えなかったのに、不思議です。

 

ポンプ取り替えるから、なんとか持ちこたえてほしいです。

 

だいぶ病気が進行しています。

 

 

実績のある水槽へ

今の水槽は、ちょっと背伸びし過ぎました。

今の水槽に移したとき

水槽に金魚を移しました。泳げるスペースが広いと美しいんです

 

実績のある底面フィルターとポンプにします。

このポンプは水流も調節できるし、静かなのでホントおすすめです。

それとホースなんですが、持っているとなにかと使う場面が出てきます。

 

今回はスピード勝負なので、プロホース以前に使用していたシュポシュポみたいなのを使います。

 

最近出番なかったんで。使わないともったいないなと。

 

だいたい1分もかからず10リットルほど水抜きました。

 

バケツに目盛りがついてるのでちょっと便利です。

 

底面フィルターと接続に苦戦

 

いままでついていたポンプを外すため、手を突っ込んでいました。

ぞっとする感触を味わうことができました。

茶色いところがぬるっとします。

ウンコと食べ残しでしょう。フィルターが完全に目詰まりしていました。

 

外した接続部にはエアーレーション用の接続パーツを取り付けます。

 

砂利がはさまっててなかなか苦戦しました。

ささっと終わらせるつもりだったので、金魚はずっと水槽にいます。

別の水槽に移せばよかったとあの時は後悔しました。

後悔はあとからやってくるもんです。

人生も後悔のないように。

 

 

水も取り替えました

飼育水は生臭くて、おかしかったので水も取り替えました。

だいぶ浮遊物が浮いています。

 

ですがエアーレーション(ブクブク)と組み合わせると短時間できれいになっていきます。

 

 

これでだいたい5分後くらいです。

まだまだ初心者の自分には、この組み合わせが最善の手なのかもしれません。

 

様子を見ます。

 

近況報告予断を許さない状況が続いていますが近況報告です

 

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる