フィギアやプラモのクラクラをなんとかする方法を試してみます

お気に入りのフィギアやプラモデルって、いつまでもかっこよく飾りたくないですか?

決めポーズをとろうとしても関節がクラクラでフニャフニャだったら決めポーズなんてとれないし、お気に入り度も激減です。

そのフニャフニャをなんとかするアイテムを購入したキャマダインです。

 

フニャフニャ代表ガンプラ

過去にMGニューガンダムを作りました。

このファンネルがフニャフニャで横向きでないと固定できないんです。

これがファンネルです

映画だとタテです。

ファンネルだけをタテに飾ってみます。

いうことききません。

横から

食虫植物みたいです。

コイツを実験台にします。

 

クラクラ高額フィギア代表

高額フィギア代表はこちら

ギガノスの蒼き鷹こと、ドラグナーのライバル、ガンダムでいえばシャアポジションのファルゲンです。

どこがクラクラかというと

翼が固定できません。

コイツを後ろで見えているアイテムでカッチリさせていきます。

 

パーマネントマットバーニッシュ

噂で聞いていたアイテムです。

本来は水彩画のなんか保存用らしいですが、このサラサラした水性ニス(?)がほどよい渋みを生むらしいです。

コイツをスポイトで関節部分に流し込んでいきます。

 

まずはファンネルから

ファンネルを作業しやすいように並べます。

この『パーマネントマットバーニッシュ』をよく振って、スポイトでほどよく吸い上げます。

そしてファンネルのフニャフニャ部分に注入します。

この時、いいのかなぁって気持ちになれます。

気に入ってれば気に入ってるほどいいのかなぁってなります。

ほらね。なにこの白いの

コイツを一日以上乾燥させます。

 

次はファルゲン

ファンネルで関節に流し込んで試してる間に、今度は球体のジョイント部に流し込んだ場合の実験です。

この丸い突起と

この穴に

流し込んでいきます。

たぶん少量でいい気がします。

ファンネルは明らかにつけすぎました。

いろいろついでにクラクラするとこやはずれやすいところにも流し込んでおきます。

この状態で一日以上放置しておきます。

 

数日後

いちおう子育て世代です。

子どもが寝静まってからの作業になるので数日放置することになりました。

まずファンネルの様子から

まるで『棒』です。

すべて持ち上げてみます。

まるで短くて太いみたいです。

カッチリ固まっているので、やさしく折りたたみます。

白いのが固まっています。

感覚としては『木工用ボンド』ですね。

こりこりすれば取れます。

ちょっとカッチリしたからと動かしまくってると、クラクラしてきたので、さっさと固定してみます。

理想的な固定ができました。

映画で観たことがありそうな飾り方です。

正面から

同じ方向を向いて攻撃してるようにタテに飾れるって気持ちいいです。

さっそくニューガンダムをセットします。

ニューガンダムのシールドとライフルが重すぎてポーズとれませんでした。

ファンネルはイイ感じです。

 

クラクラだったファルゲン

ファンネルと違って流し込む量を減らしたので、どうだろうと思っていましたが、よさそうです。

 

球体のジョイント部が白くコーティングされています。

フニャフニャな部分はちょっと渋くなりましたが、そんなに渋い気もしないので、触りまくればまたフニャフニャに戻りそうです。

なのでさっさと決めポーズを

うん、あんまり触らないで飾っておこう。

 

総括

ネットでみた情報ほど効果は感じませんでした。

個人的にはガッチガチになってほしかった・・・

もしかしたら振る作業が弱かったのかもしれないし、流し込み方がうまくなかったのかもしれません。

まだたくさん余っているのでクラクラになってきたら何度でも試してみます。

スポイトは使ったら洗っておかないと固まってしまいます。

『パーマネントマットバーニッシュ』はそんなに高いものでもないので、ぜひ試してみてください。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる