充電できないAmazonタブレットFireHD10の修理

Amazonタブレット、FireHD10が最近ずっと放置されています。

なんで使わないのか尋ねると「充電できない」らしい。

あれ?この前直したんじゃなかったっけ?そう思いましたが、おそおらく根本的な故障だったのではないのだろうかと考え始めましたキャマダインです。

関連動画はこちら↓

.

目次

4年前に購入したAmazonタブレット

もう4年も前に購入したんですね。ずいぶん激しく使われてきてもう限界かなって思っちゃったりします。

AmazonプライムビデオとかYouTubeとか大活躍でした。壊れるまでは。

充電できないとのことなのでusb端子を挿してみると

無反応。

ちょっと端子を動かしてみるとけっこうクラクラ。もしかして内部の接触不良かなと。はんだド素人ですがやってみようと思います。

こういう分解は久しぶりでドキドキしますが、壊れてるんだからどうでもいいって気持ちでやります。

iPadと違って爪でロックされてるタイプですね。簡単です。iPadは粘着テープで固定されてるので地獄です。

iPadはこちら↓

こういう時ヘラがあると便利です。

created by Rinker
イノウエ(Inoue Kougu)
¥175 (2022/10/01 21:03:00時点 Amazon調べ-詳細)

爪でロックされてるだけなのでけっこう簡単にできました。

特殊ねじ

開いてみて、基板の裏側に充電する端子がはんだ付けされているようです。ねじを外していかないといけにようですが見慣れないネジ。こういうのはマイナスドライバーで無理やりできるんですが、3か所目でマイナスドライバーの先端が欠けましたのでホームセンターに駆け込みました。

T5のねじ

ネットで調べるとT5のねじのようです。T5単品では売っていなかったのでドライバーセット¥1,380購入。

調べてAmazonで注文しておけばよかった。大きい出費です。

無事、裏側を見ることができました。

正直なにもわからない

はんだのクラックというイメージでほぼ何も調べずに突き進んでここまできましたが、正直なんにもわかりません。ヒビ入っている感じもありませんしクラクラしたりもしません。そもそも小さすぎて見えません。はんだされている所の大きさは例えるなら『指毛の毛穴』くらいの大きさです。拡大鏡とかあればなんとか見えるんでしょうけど。

見えないけどたぶんここって事にして進めます。道具買っちゃったんで。

たぶんここってとこにフラックスを塗っていきます。

フラックスを塗る意味?わかりません。わかりませんが、ジャンク修理系YouTuberの方々は塗っているからです。買いました。

あとははんだごてでジュ―っと。まぁジュ―なんて音しませんがイメージです。熱いので写真撮ってませんが先端4㎜の買ったらまったく端子見えませんし、溶けてるのかもわからない。ただ押し当ててるだけでした。

これでいいのかな。仮組して試してみます。

最後に

仮組なんてしなくてもダメだったら終わりなんで全部組ました。ケーブル挿してみます。

クラクラするのは変わりありませんね、なんだろうこれ?電源入れてみます。

無事直りました。

はんだのクラックとかホットプレートで温めるとか過去にいろんな機器の修理方法を見てきて、今回ろくに調べもせず取り掛かってみましたが無事なんとかなりました。

約2,500円ほどの工具費で済みましたが、安く済んだと思っていいものかどうか。バッテリーもだいぶ弱っているようですし、充電のUSB端子も古い。Amazonのセールで新しいの買ってもよかったんじゃって思ったりも。

まぁ娘たちが喜んでいるのでいいことにします。

前直したとき、なんですぐ言わなかったかと問い詰めると、次の日には充電できなくて結局修理できなかったんだと思っていたからのようです。

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる