キャンプに行くのでテントの張り方の練習してみました

最近流行ってますねキャンプ。

私がキャンプに行かない理由は嫁と休みが合わないということだけで憧れはあります。

今回、思い切って自分だけ体験してこようかなと知り合いに声をかけてキャンプ行くことにしました。

大きいテントにみんなで寝るんじゃなくて、一人用のテントに各々寝る、そんなスタイルのキャンプです。

目次

テントを張ってみる

ありがたいことにキャンプ道具は弟が貸してくれることになりました。

貸してはもらったもののテントの張り方がわからない。

弟はサーフィンしに海に行ったっきり。

兄貴といろいろやってみたら無事完成。

ワンタッチテントっていうんですか?これ簡単でいいですね。

昔の食卓の蠅からご飯守るアレを思い出しました。

5分くらい悩んでから2分くらいで完成しました。

ペグは買っておきました。長いほうがいいらしい

もらったタープ

先輩にタープをもらったんで貼ってみることにします。

完成形がわからないしテントみたいだ。なんだこれ?

一時間ほどかかって形になりました。

どうやらこれで合ってるみたいです。

テント型のタープってやつですか?中はめちゃ広いしソロテントなら6個は置けそうです。

本番当日はこの中にテントを入れて風をしのいで過ごす計画です。

イイ感じに準備はできた

テント型のタープも、前面フルオープンして屋根にすることもできます。

道具を置いてみるとかなりいい雰囲気。

なのに我々は、せっかく張ったタープなどは使わず

コンクリートの上でベーコンや餃子を焼いて楽しむのだった。

車にソロ用の道具を積んでみるとなかなかの量になりました。三列目潰してます。

クーラーボックスは小さいのあればいいんですけど一般的な大きさのしかないです。

これで私がキャンプに行ってみて、嫁子供たちでも大丈夫そうだったら来月家族で行きます。(嫁と月に1度休みが合う)

試しで物そろえたら5万円ほどかかりそうなキャンプ用品の数々。不便を楽しむって聞いたりもしましたが私の肌に合っているんでしょうか。楽しみです。

※寝袋は臭くしたら申し訳ないんで自分用に防災グッズも兼ねて買いました。

本番はこちら↓

    この記事を書いた人

    年だからとあきらめない。
    薄毛でもくじけない。
    小遣い¥15000で頑張る
    そんなオジサンです。

    170㎝/95㎏
    既婚
    2児の父

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる